椅子脚カバーが少しゆるく感じた時のシンプルな解決方法

By | 2019年4月25日

ちょうどいい椅子脚カバーは、椅子の脚にピッタリハマって抜けにくいものが良いですよね。

当店ではいろんな椅子脚に対応できるように各種椅子脚カバーを取り揃えたり、オリジナルの椅子脚カバーの開発をしています。

しかし残念ながら対応できるサイズにも限界があり、お客様の椅子脚にうまくはまらない場合があります。

今回は少しゆるいな~という時の解決方法をご紹介します。

ビニールテープを巻いてみる

な~んだそんなことかと思われたんじゃないでしょうか。

でも、以外にこの答えが思い浮かぶ方は非常に少ないんですよ。

電話でご相談いただく方にこの方法をご提案してもほとんどの方が気づかれていません。

テープを巻く場合のコツとしては、椅子脚カバーは底に向かうほど広くなっているものが多く、できるだけ口に近いところに巻くことです。

今回はわかりやすいように派手な色のビニールテープを使用しましたが、ビニールテープも様々な色が販売されていますので、あまり目立たない色のほうが良いと思います。

巻く前の太さが直径約19mmだったのが、何周かビニールテープを巻いてみると、

約23mmと4mmアップ!

椅子脚カバーのゆるさに応じて巻く回数を調整してくださいね。

少し緩かった椅子脚カバーもキツキツになって脱げにくくなりますよ。

ビニールテープはとても安価で売っていますので椅子脚カバーがゆるいなと感じられた場合は是非試してみてくださいね。

椅子脚カバーに関するご相談は是非カスタマーセンターまでお電話ください。

TEL:06-6723-5060
イスが静かに.comカスタマーセンター(和気産業EC事業部)
(平日9:30~17:00)

インターネット通販サイト『イスが静かに.com』の店長

自称、椅子脚カバーソムリエ。お客様から日々電話でのお問合せなどもお答えしています。